Hush-Hush: Magazine

映画の批評・感想を綴る大衆紙

2019-05-18から1日間の記事一覧

真実の行方: 正義が必ず勝つとは限らない

90年代の名作法廷サスペンス映画『真実の行方』ネタバレありの感想とレビュー。E・ノートンの怪演と見事な脚本。エンタメ映画らしからぬ重厚なテーマ性も見どころ。