Hush-Hush: Magazine

映画の批評・感想を綴る大衆紙

About Hush-Hush

 

f:id:indivisual11_ps:20200401080740j:plain

Hush-Hush: Magazine

私の屋根裏部屋

 

Hush-Hush【形容詞】

ごく内々の、極秘の

 

hush-hushの意味・使い方・読み方 | Weblio英和辞書

 

元ネタはジェイムズ・エルロイの小説、LA三部作に登場するゴシップ雑誌──諧謔的な文体でLAの醜聞をすっぱ抜く大衆誌。そうですよ奥さん。猫とヘヴィメタルを愛するのと同じくらいに、私はエルロイの小説が好きなんです。鋭く、切り刻むように繰り出される短いセンテンス。ハリウッド顔負けの圧倒的緻密さを備えたプロット。心の内奥に容赦なく侵入する限りなく黒い心理描写。人生に疲弊した擦り切れたキャラクター。どれをとっても素晴らしいの一言に尽きる。

 

エルロイの小説を映画化した傑作ノワール『L.A.コンフィデンシャル』は公開するタイミングがあと1年違っていれば、間違いなくアカデミー賞を取っていたと今でも信じている。というか、同年公開の『タイタニック』が強敵すぎたんだ……むさくるしいオヤジ映画がディカプリオに勝てるわけがないじゃないか……

 

まぁ、それはさておき。

シャーロック・ホームズの表現を借りれば、『Hush-Hush:Magazine』は私の頭の中の屋根裏部屋だ。足を曲げないと頭を天井にぶつけてしまうほどの窮屈な空間──そこは脈絡のない雑駁な物で溢れかえっている。年季の入ったレコードや、どこで買ったのかすら覚えていないバービー人形。はたまたいたいけな幼年時代に書いた黒歴史的な日記。一見すると何の価値もないように思えるこれらのガラクタには、私の思い入れがぎゅっと詰まってる。それらを1つひとつ取り出して読者諸兄に紹介してみせる──これが『Hush-Hush:Magazine』のコンセプトだ。

とかのたまったものの、要するに、自分の好きな映画を好きなように思う存分語りたいだけ語るという手前勝手100%な映画レビューブログである。

 

『Hush-Hush:Magazine』は70%のジョークと、30%のシニシズムと、サイドディッシュ的に情熱を添えた大衆紙だ。まぁアレだ。自販機で缶コーヒーを買うくらいの気軽さで読んでね、ってこと。あんまり堅苦しい映画評論やら、世相にこびへつらうような口当たりのいいレビューは期待しないでねってこと。気楽に、テキトーに。肩の力抜いて読んでくれたまえ。ワイもそうする。(いや、お前はちゃんと書け

 

個人的な視点で切り取るコンテンツ

『Hush-Hush:Magazine』の主なコンテンツは映画のレビュー(感想)だ。私にとって「映画は人生のすべて」といっても過言ではない。思春期にエヴァを観ていなければオタク根性が芽生えることもなかっただろうし、同じ頃に『タクシードライバー』を観ていなければ、映画は21世紀のCG礼賛『マイケル・ベイ』イズムな作品がベストとか信じきっていたに違いない。

私はロジックよりも感覚の方が先行する典型的な文系人間だ。まぁアレだ。要するに考えるよりも感じろってタイプ。ブルース・リーの弟子と同じ。(リー先生に謝れ)映画を見ていても脚本のロジックより人物のドラマの方が気になるし、実用書よりも小説を好む感覚的な人間なのだ。だから、ときに感傷的なレビュー書くかもしれんけど許してクレメンス。

 

『Hush-Hush:Magazine』はそんな感覚人間の個人的な切り口で、古今東西の映画を紹介する。取り上げる作品は、いずれも私の想いが詰まった作品ばかりだ。心を揺り動かす作品は全力で紹介するし、期待を裏切った作品には少しばかり(金返しやがれゴルァ‼)毒を吐く……毒を……吐く。

もし毒づいていたとしても、その裏には熱意があることを付け加えておきたい。なまじ期待が大きすぎたばっかりに、告白して玉砕して居直る男子高校生と同じ愚挙に出たと思って冷たい目で見てやってクレメンス。クレメンタイン。

 

 

Go ahead, Make my day....

プロフィール
id:indivisual11_ps はてなブログPro
リンク